神戸矯正センター

さとう歯科は健康な生活を送ることができるよう、矯正歯科治療を通じてお手伝いしていきます

078-361-2088

診療時間 9:00~19:30 ※休診日 火・祝 第2日曜日

矯正治療を始めたいあなたへ

映画やTVドラマで主演女優を務める蒼井優さんや杏さん、世界的に有名な映画俳優のトム・クルーズさんなど、「歯科矯正」を行うことでイメージアップに成功し活躍している有名人は数え上げたらきりがありません。

また、アスリートやスポーツ選手の中にも、陸上の金メダリスト、カール・ルイスはじめ、歯並びだけでなく咬み合わせをよくすることによって成績の向上につなげている人もたくさんいます。

また、日本では八重歯はかわいいと言われますが、海外ではそんなこと通用しません。アメリカではドラキュラの歯と忌み嫌われますし、矯正治療を受けられる環境にいない人と見なされ判断されます。海外ではある程度のステータスにある方は皆矯正治療を受けているのです。

今や日本においても、歯科矯正は著名人に限らず一般人にも、また子供ばかりでなく大人にとっても大変身近なものになってきています。とはいえ、多くの方にとって「矯正歯科医院」の扉を叩くことはまだまだ勇気の要ることのようです。

「矯正をしよう!」と決意された方が、それでもなかなか踏み切れないのは、「治療中のストレスに対する不安」からではないでしょうか。「矯正装置を付けたときに痛みや違和感はないだろうか?」「見た目が変で人に笑われないだろうか?」などの理由で、治療を先延ばしにしてしまうケースがよく見られます。

また、現実的な悩みとして「治療にかかる費用の問題」もあります。さらには「的確な診断をしてもらえるだろうか?」「万全な治療が受けられるだろうか?」といった矯正歯科医の経験や技術力に対する不安もあるでしょう。

加えて「漠然と分からないことだらけで不安、でも相談する人がいなくて困っている」というような声もよく聞かれます。 このような理由から、せっかく矯正を決意されたものの、いざとなると二の足を踏んでしまわれる方が大変多いわけですが、これはとても残念なことと言わざるを得ません。

これらの迷いや不安を解決するカギが当院の「治療相談」です。
矯正の専門医と話すことによって、不安や心配が取り除かれることはもとより、分からないことや間違った知識、インターネット経由の間違った情報が初めて正しい有益な情報となります。

例えばマウスピース矯正がその例でしょう。一見マウスピースを付けるだけで簡単に治るようですが、実際にはちょっと歯並びが悪い方にしかこの治療は当てはまりませんし、何よりマウスピース矯正は日本では厚生労働省の認可が下りていない治療です。つまり、まだ日本では医療器具装置と認められていないのです。

このような間違った情報も含め、患者様のさまざまな迷いや不安・心配ごとを取り除き、安心して治療に入っていただくのが当院の治療相談です。この方針は治療期間中も継続して貫かれ、歯並びの悩みが全て解消される時点(治療の最終ゴール)まで続いていきます。

また当院は「大阪大学レベルの矯正治療を、神戸で」をモットーにしています。大学と同じ最新のシミュレーションソフトを用いての先進的な診断、確かな治療技術、矯正治療装置にて、あなたを治療のゴールまで安全かつ確実に導いていきます。

矯正治療は長い治療です。例えて言えばマラソンのようなもの。それを走り抜いた先のあなたのゴールをイメージしてみてください。そこには素敵にほほ笑むあなたの自信満々の顔があります。そしてあなたの隣には愛する人がいて、祝福する仲間たちがあなたを取り囲んでいます。

そうです、笑うことは自分だけでなく周りの人も明るくするのです。それだけではありません。今まであなたになかった自信も手にすることができるのです。これがきれいな歯並びになってイメージアップしたあなたの明るい未来像なのです。

当院は、矯正を迷われているあなたの「ベストアドバイザー」であり、頑張って治療を続けられるあなたの「よき伴走者」でありたいと願っています。安心して幸せの扉をノックしてください。