神戸矯正センター

さとう歯科は健康な生活を送ることができるよう、矯正歯科治療を通じてお手伝いしていきます

078-361-2088

診療時間 9:00~19:30 ※休診日 火・祝 第2日曜日

矯正中の痛みを上手に克服する方法

極力痛みの少ない治療

虫歯の痛みと違って、矯正の痛みは「歯が動く」ことによる痛みです。歯が動かなければ矯正は成功しませんから、その意味で言うと、痛みがあることは歯科矯正がうまくいっている証でもあります。

とはいえ、「どれくらい痛いのだろうか?」という恐怖めいた不安は、これから矯正を始めようとするあなたにとってはとても深刻な問題です。殊に、歯科矯正は長いマラソンのような治療ですから事は重大です。

さて、それでは一体どの程度「痛み」があるのでしょうか?

個人差はありますが、「聞いていたほどの痛みではなく、我慢できる程度のものだった」というのが、経験上ほとんどの患者様の声です。

また、どういう痛みがあるかについて事前に知っておくことは大事です。お化けは、その正体が分からないから余計怖いように、痛みについてもその正体を知っておくことによって、いたずらに恐怖心を高ぶらせることなく冷静に対処できるようになります。

これも人によって個人差はありますが、歯が動くことによる痛みの種類は大きく次の4つがあります。

歯が動くことによる痛みの種類

  • 【1】 何もしてないのに感じる違和感を伴う痛み。
  • 【2】 ものをかんだときに感じる痛み。
  • 【3】 装置が当たる口内の痛み。
  • 【4】 ほっぺたをかんだときの痛み。

【1】の痛みは、装置を付け始めてから1週間がピークで徐々に落ち着いてきます。歯科医院に行き、装置を交換するとまた痛み出しますが、この繰り返しで矯正されていきます。

【2】装置を付けて4時間ごろから徐々に感じます。1週間辺りがピークで、2週間を過ぎたことから徐々に痛みがなくなり、普通の食事ができるようになります。この期間、どういう食事がいいのかなど、適切なアドバイスさせていただきます。

【3】矯正装置の種類によってではありますが、ブラケットを用いた場合はほっぺたに装置が接触しているため、強く当たっているところが口内炎になる可能性があります。このような場合は、ワックスと呼ばれる半透明の粘土を、装置にカバーするように付けると痛みが軽減されます。食べてしまっても問題のない素材なのでご安心ください。

【4】歯が動く過程で、本来かんでいた場所が移動します。かみ合わせが安定するまでの期間は、そのことでほっぺたをかんでしまうことがよくあります。

このように極力こうした痛みを少なくする治療を心掛けています。

ローフォース・ローフリクション・テクニック

また当院ではローフォース・ローフリクション・テクニックを取り入れて治療に取り組んでいます。ローフォース・ローフリクションとは「少ない力・少ない摩擦抵抗」という意味です。歯は強い力で引っ張るほどたくさん動くと考えられがちですが、それは大きな誤解。強過ぎる力はかえって歯の動きを遅くしてしまいます。弱い力でも摩擦を少なく、持続的に歯に力を加えたら、効果的にかつ早く歯並びは改善します。

できるだけ早い治療(リンクします)」の項目でも書いていますが、 当院ではこのローフォース・ローフリクション・テクニックを用いて、必要最低限の弱い力で効果的に歯を動かしますので、歯の移動に伴う痛みが少なく最小限にするとともに、装着時の痛みを最小限に抑えることができるばかりか、スムーズに歯を移動させることができるようになり、治療期間を短縮することにも成功してます。

また、最新の形状記憶合金ワイヤーに理想の歯並びを記憶させ、装着後に体温であたためられたワイヤーが元の形に戻ろうとする力を利用して、ソフトでスムーズに歯を移動させます。自然で緩やかな動きなので痛みを感じにくくなります。

このように、当医院はできるだけ痛みを和らげる最新の治療を施すことはもちろん、上記のタイプ別の痛みを上手に乗り越えていただける方法をお伝えし、痛みの先のゴール、すなわち「奇麗な歯並びで笑っているあなたの姿」をイメージして互いに頑張っていけるよう、テクニカル・メンタル両面からさまざまなアドバイスをさせていただいております。

セルフライゲーション

歯を動かすには、強い力で引っ張った方が早く動くように思えます。しかし実際にはそういうわけではありません。1990年台半ばに、「ローフォース・ローフリクション(Low-force, Low-friction)」という概念がアメリカのデーモン博士により提唱されました。

ローフォース・ローフリクションとは「少ない力・少ない摩擦抵抗」という意味です。「装置をしっかり歯に固定し、強く引っ張って歯を動かす」というそれまでの歯科矯正の常識を根底から覆した、画期的な考え方です。実際に従来に比べ、歯が動くのが速い、痛みが少なくてすむなどのメリットが挙げられます。

従来の矯正装置では、歯の表面につける装置つまりブラケットに、歯を動かすためのワイヤーを輪ゴムあるいは細い針金を使って固定していました。それに対してセルフライゲーションブラケットでは一見見た目は従来のブラケットと変わらないのですが、ワイヤーの固定の仕方や力のかかり方に大きな違いがあります。

セルフライゲーション(self-ligation)とは「自ら結紮(けっさつ)する」という意味で、ブラケット自体にワイヤーを保持する構造を持っています。そのため今までの矯正装置に不可欠だったワイヤーと歯を固定する輪ゴムを使用する必要がなくなり、従来のブラケットに比べてワイヤーとブラケット間の摩擦抵抗(フリクション)が格段に軽減できることに成功しました。

そのため歯の移動に伴う痛みが軽減し、スムーズに歯を移動させることができるようになり、治療期間を短縮することができるようになったのです。当院では早くよりローフォース・ローフリクションの考え方を取り入れて治療に取り組んでいます。