神戸矯正センター

さとう歯科は健康な生活を送ることができるよう、矯正歯科治療を通じてお手伝いしていきます

078-361-2088

診療時間 9:00~19:30 ※休診日 火・祝 第2日曜日

歯を抜かない治療

歯を抜かない治療

抜くか抜かないか、一緒に考え抜く歯科医でありたい

「あちらでは抜かなくては駄目だと言われたのに、こちらでは抜かないで治せると言われた」
これは、患者様によく聞く話です。また、抜くなら抜くで、その理由をしっかり説明してくれるところもあれば、そうでないところもあります。歯は一生のパートナーですから、できれば抜かないで矯正したいと思うのは患者様の心情ですし、いい歯科医であればそのことを誰よりもよく知っているので、できるだけ歯を抜かないで治療を進めることを考えているはずです。

こうしたことを考慮した上で、抜くか抜かないかの判断が的確にできる歯科医とはどういう人かというと、それは、患者様の立場になって患者様を思う気持ちが人一倍強い人でしょう。その上で「正確な診断、確かな治療技術」を持ち、適切な診療方針のアドバイスができる、いわば「マインドと技術レベルの高い歯科医」のことではないでしょうか。

安易に「抜いてしまいましょう」「抜いたほうが早いですね」などと言ってしまうような歯科医にかかったら、あなたの人生は大変な後悔を背負うことになってしまいかねません。

とはいえ、「抜かない治療」だけを声高に強調することは反対です。それは聞こえはいいかもしれませんが、抜かない治療だけで全ての方がきれいに治るわけではないからです。

できるだけ歯を抜かないで治療を施したいとはいっても、歯を抜く治療のほうがよりメリットがあるケースもあります。逆に、抜かない治療の場合にもデメリットが存在することもあります。ですから、ここが慎重に判断すべき大きなポイントなのです。

歯を抜く場合のメリット

上下の歯のバランスもよく、口元のバランスもよくなります。骨格的に問題がある場合でも、ほとんどの場合外科手術なしで治すことができます。口元の突出を改善したい方や口が閉じにくい方は、歯を抜くことが最善の方法である場合が多く見られます。

歯を抜かないデメリット

バランスとして突出感が出る場合があります。
「顎の大きさ」は人によって決まっています。その大きさ以上に無理に歯を並べようとしても歯ははみ出してしまうことは容易にお分かりいただけると思います。これは、イス取りゲームで座れない子どもがはみ出してしまうのと同じです。そのような場合は、抜歯することも考慮に入れなければなりません。いずれにしても、できるだけ早期に治療を始めることが歯を抜かないための最も大きな鍵になります。これは、当医院が早期治療を強くお勧めしている理由です。

歯を抜かない矯正方法の種類

なお、歯を抜かない矯正方法の種類としては、
(1)奥歯の移動
(2)歯列自体の側方への拡大
(3)削って隙間をつくる等
がありますが、どれを適用できるかは症状等で個人差があります。また、歯を抜く治療よりもさらに不快感やストレスが掛かることもありますし、どちらにしても親知らずは抜かなければなりません。

このような、メリット・デメリットを患者様の症状に合わせてきちんとご説明させていただき、それを踏まえた上で最終的には患者様ご本人に決めていただく形になります。
いずれにしても、歯科医と患者様が矯正治療に対して真摯に向き合い、そこから生まれる信頼感の下、お互いに納得して治療に入っていくことが何よりも望ましいのです。